今日は日曜日だが娘が友人と待ち合わせをしているので大学に送って行けと言う。おー、ラッキー。喜んで送って行きます。妻に咎められることなくお出かけ出来る。この季節になると気になる松山市考古館の古代ハスを見に行ってみよう。

娘を大学前で降ろしたら衣山のスーパー駐車場で時間待ち。何の時間待ちかと言うと、古代ハスを見るために車を停める総合公園が開くのが9時なので、それまではここでテレビを見ながら待機。

9時丁度に総合公園に入り公園内の道路を一番奥まで走って車を停める。同じ目的と思える夫婦?もカメラを持って歩いている。そして考古館に着いてハスの花を見ると、まだ綺麗に咲いている花も有るが、もう終わった花の方が多い感じ。少し来るのが遅かったかな?

私と同じ時間に到着した夫婦がそれぞれデジカメを持って花を写し始めたので水滴でも写しながら花の前があくのを待とう



見物人が大勢いるわけではないが、綺麗な花の前にはいつも誰かいるような状態なので、そんな時は花以外を写しながら順番待ち


水滴部分だけのトリミング

水滴の表面は滑らかなはずなのにこんな模様が有るということは水滴の下の葉っぱの模様が浮き出ているということかな?

今日が青空なら青空をバックに下から花を写すんだが天気は曇り。曇り空をバックに写しても面白くないので今日はこれで終わり。と言うか、今年はこれで終わり(-_-;)

娘は昼ごろ迎えに来てと言っていたので今度は昼までの時間つぶしでお堀端のカワセミ狙い。二の丸駐車場に車を停めて北堀に向かう。ただ本気で鳥を写すつもりでもないのでレンズはハスの花を写した時の100mmマクロのまま。

芝生広場ではラグビーの練習をしている

北堀に来たがカワセミは居ない。しかしカワセミ狙いの年配のカメラマンが居る。この前もここで見かけたような気がしたので挨拶すると「今日はカワセミはおらんね」と言われた。自転車でもう一通り回ってきたそうだ。

北堀から西堀そして南掘の内側を歩いて行くがカワセミは見つからない。東掘にはショルダーバッグを下げた男性が一人。このショルダーバッグの中にはデジカメが潜んでいそうだな。

今度は東掘の外側を歩いて行く。対岸の石垣の上を注意深く探しながら歩くが見つからない。

お堀端を歩いた証拠写真を写しとこう。サイズを大きくした理由はお堀の水の色を見てもらうため。

なんでこんな色なの?雨水が入った時の泥水では無い気がする。赤潮?
上の写真はコンデジ撮影

左はKiss+100mmマクロで撮影

南堀をずーっと歩いて西堀まで行こうと思ったが、雨が降り出した。もう帰ろう。橋を渡って県立美術館の前を歩いていたが、フト思いついて美術館のトイレを使わせてもらう(-_-;)

二の丸庭園駐車場に向かって歩いていると花嫁衣装を着た人が歩いている。多分結婚式の前撮り写真を二の丸庭園で写すんだな。雨がポツポツ降っているけど大丈夫? 誰も傘を差してないからこの程度の雨なら気にしないと言うことか。
上の写真のトリミング

駐車場に戻ったらタイミング良く娘から携帯が入る。大学まで迎えに走り川内に戻る。今日のお出かけ終了である。

今日の反省:
ネット仲間がハスの花をアップしたのを見てから行ったのでは遅い。
考古館のハス情報をチェックしてから行くべし。


      気まぐれでじかめ日記に戻る   TOPに戻る   もう少し大きなハスの写真




inserted by FC2 system