おたるの滝の次のお手軽滝は大樽の滝だ。
おたるの滝が小樽の滝と言う文字なら小樽、大樽と文字遊びの出来そうな名前だが、おたるは御樽だと標識に書かれていたな。

大樽の滝は国道194号線を高知方面に走り、チロルの森の看板が見えたらすぐにトンネルに入る。このトンネルの名前が大樽トンネル。トンネルを抜けたらすぐに右手に広い路肩が有るのでここに車を停める。

道路を横断して滝を見上げる。こんな位置関係に有るのだ。


デジカメ時計=11時丁度
あー、滝に日が射し始めた。これは急いで行かねば。

この滝はなかちゃん命名の「ミニ高瀑」なのだ。飛沫が風に流されそれが太陽の光を浴びてキラキラ光って舞い踊る雰囲気が高瀑に似ているのでミニ高瀑。

早く滝下に行こうとするが、ここは訪れる人が少ないせいだろう。踏み跡が消えて藪になろうとしている。前に来たときよりも歩きにくいと思いながら滝下に到着。太陽もかげることなく滝を輝かせている。あとは同じようないつもの写真の羅列です。







   
 
 
 
   
 

今日は本来の予定は高瀑だったのが降水確率を理由に中止にしてお手軽滝に変更していたんだけど、ミニ高瀑でミニ迫力を感じることが出来てよかった。ところで輝く飛沫を見たければ晴れた日の午前中に行くのが良いと思います。次は川内に戻って唐岬の滝だ。


       続く    滝めぐりに戻る   もう少し大きな写真





inserted by FC2 system