私の会社の夏休みは10連休だが、夏休み前から計画があったのは12日のよさこい、そして今日15日の高瀑である。いつもの滝仲間のyamtoさんに高瀑に行きませんかと誘ったら喜んで行きますということで決定である。yamtoさんを誘った理由はただ一つ。車の確保である。あの高瀑林道を私の車で走る気は全く無いのだ(-_-;)

諏訪神社に8時集合にしているので、それに間に合うように出発しいつものコンビニで弁当の買出し。あとはひたすら集合場所を目指して走る。

8時10分前?諏訪神社に到着。yamtoさんの車は有るがyamtoさんはいない。すると諏訪神社前にかかる橋のほうから私を呼ぶ声が聞こえた。早めに到着して諏訪神社を探検していたのか?隣にはもう一人男性がいる。この人が今日一緒に高瀑に行くまっすーさんだな。今日はよろしくお願いしますと挨拶してyamtoさんの車に乗り込む。

高瀑林道は終点まで車で入れるようにはなったが、もの凄い荒れようである。yamtoさんの車はオフロード4WDだが、それでも時々ボディの下からガツン、ゴツンと音がして、そのたびに「オー」と声が出るが、私の車ではないので出るのは声だけである。yamtoさんは心の中で涙を流していたかも(-_-;) ひどい道であることは確認できたが、危険ということではなく無事に林道終点に到着。

出発前のメモ写真


デジカメ時計=8時38分

少し右岸を歩いたら1回目の渡渉。川の水量は少ないのだが、顔を出している岩が濡れているの靴が滑りそうで少しびびりながら渡渉する。そして左岸を少し歩いたら再び渡渉して右岸に戻る。

今にも崩れそうな梯子を上がる
のぞきの滝

丸渕に到着。大休止。yamtoさんもまっすーさんも三脚にデジ一をセットして丸渕を写している。私は三脚を持ってきてないので岩の上に置いてセルフタイマーでスローシャッターで写す。

yamtoさんとまっすーさんは撮影ポイントを変えていろいろ写しているが、私はこれだけ写したら終わり

丸渕からは左岸の崩れた斜面を上がり登山道が水平になってから次の渡渉ポイントに出会って右岸に渡る。もう高瀑まで渡渉ポイントは無いので右岸の登山道を行けば高瀑に到着する。

高瀑到着


デジカメ時計=10時28分

駐車場から1時間50分かかっている。丸渕で大休止してこの時間だから丸渕でほとんど休憩しなかったら1時間30分くらいかな?
まっすーさんには登山道が公園の遊歩道のような道だったら1時間で来られる。距離的にはそんなものだと説明する。

今日は天気予報はまあまあ良かったほうだと思う。青空と逆光に煌めく飛沫が写せると思ってきたが、全然そんな雰囲気ではない。それでもあちこち場所を変えながら写してみよう。



風にあおられて舞い上がる飛沫が逆光で光るところを写したかった


ナンゴククガイソウが一株だけ花をつけていた。他の株はすべて花は終わっていた。


逆光写真が撮れそうも無いのでその辺の花を適当に写そう。

おー、滝に日が当たり始めた。あわてて60Dを滝に向ける。飛沫が輝いている。
 

 
 

滝に日が当たったのはほんの一瞬だった。また日が出ないかなーと天を見上げる。

 
 
太陽も出そうにないのでもう帰る。これが最後の写真
  yamtoさんのカメラで記念写真撮ったら帰ります

コンデジでメモ写真


デジカメ時計=13時8分


こんな天気でも2時間以上ここに居たことになる

      帰る



inserted by FC2 system