竜馬脱藩の道バスハイクの後で雲の上温泉でのんびりしたら川内に帰る。朝走ってきた道をそのまま引き返すのだ。地芳トンネルを抜けてしばらく走っていると矢野さんが「八釜の甌穴に寄ってみますか?時間もある」と言う。いつもの私なら「ヤッター」と喜ぶところだが、今日は「エー???」と言う感じ。さっき温泉に入って全て着替えたのに。また山道歩いて汚したくない。矢野さんが大丈夫だよ。つっかけでも行ける道なんだからと言うが信用してはいけない。つっかけで行ける道でない事は経験済みなんだから。

道路端の看板。国指定特別天然記念物。

この看板のように岩の間を流れ落ちる水流が見える・・・かな?


デジカメ時計=15時27分

つっかけでは困難な山道を谷底に向いて降りていき、川に出合ったら上流に向かう。

雨が降っているので水量も多く、しかも濁って迫力がある

赤い橋が見えたらそこが目指す八釜の甌穴。橋の上が展望台になるのだが橋の上は2〜3cm雨水がたまっている。確かにこの橋の上は素足につっかけが良さそうだ。普通の靴では橋の上に立てない。一応登山靴を履いてきたのでじゃぶじゃぶと歩いて橋の上から写す。

観光ポスターで見慣れた光景とは全然違う。

遊歩道を進んで遊歩道の終点から
こんなに水量が多い日に来るのはめったに無いことと思うので大きなサイズで。
でも残念ながら携帯で撮影。
水しぶきが凄い
大水量の八釜の甌穴を見たら帰ります。橋の上に山行会のメンバーが立っている。
山道を歩いてバスに戻ったら青空が見えている


デジカメ時計=16時22分
つまり1時間弱で往復。

これが一人で来て60Dで写していたらこんな時間ですまないと思うけど

さっきは青空が見えていたのに三坂峠を通過するときは濃霧に霧雨で視界の悪いところがあった。

今日は竜馬脱藩の道バスハイクと温泉。さらに滝めぐりと充実した一日だった。


     滝めぐりに戻る   TOPに戻る  正常な水量時の八釜の甌穴



inserted by FC2 system