2ヶ月前に凍り始めの高瀑を見に行こうツアーで行ってみたら、予想外の全面凍結を見ることが出来た。しかしあの日はあくまでも凍り始めの予定だったので、1月か2月にもっと凍った氷瀑を見に行くことになっていた。そして今日がその日である。参加メンバーは2ヶ月前のメンバーからMakさんが抜けて5人で行く予定。しかし2〜3日前にtakahamaさんから一緒に連れてってメールが入り6人になったと思ったら、前日になってなかちゃんから家の都合で参加できないとのメールが入り結局は5人に落ち着いた。

takahamaさんとは桜三里手前のコンビニで待ち合わせすることになっているので、そのコンビニに入り食料ゲット。しかしtakahamaさんが自分の車で待ち合わせ場所の諏訪神社まで行けるかどうか心配しているという話を聞き、実は私も少し不安が有ったので即座にyamtoさんに携帯電話をかける。するとyamtoさんは高速が雪のために通行止めで新居浜から11号線を走ってきているとのこと。私が西条の加茂川を渡ったところにコンビニが有るから、そこから私とtakahamaさんを乗せていって欲しいとお願いすると了解とのこと。これで安心して西条に向いて走り出す。小松インター手前の高速道路情報の電光掲示板には川内インターから東は雪で通行止めと表示が出ている。んんん?11号線の桜三里は何の問題も無く走れたんだけど高速は雪が積もったの?

西条のコンビニに到着すると既にyamtoさんとまっすーさんが到着して待ってくれている。yamtoさんの車に荷物を載せ変えて出発。車中でおいわさんの掲示板にはじめさんも高瀑に行くと書き込んでいたよと言われたが私はその書き込みを見る前に寝てしまったようだ。はじめさんとは会ったことは無いが御来光の滝の件で掲示板上でやりとりしたことがある。どんな人なのか会うのが楽しみである。

諏訪神社の駐車場に到着すると男性が二人立ち話をしている。一人は今日のメンバーのkuwaさん。もう一人は?と思ったら、この人が車中で噂のはじめさんでした。kuwaさんは約束の時間に誰も来ないので心配になって携帯の通じる場所まで下りようかと思っていたところだと言う。全員が揃ったので出発する。yamtoさんの車に5人乗って、その後ろからはじめさんの車がついてくる。進むにつれて道路上の雪も増えてきてついには真っ白になってしまった。そして林道終点に到着。

積雪は15cm程度?昨夜降ったばかりの新雪だ


デジカメ時計=9時17分

takahamaさんとkuwaさんはここからアイゼン装着している。私はとりあえずアイゼン無しで出発。必要になった時点で着けよう。takahamaさんは高瀑自体が初めてとのことだが、御来光の滝、鞍瀬渓谷の夫婦滝も一緒に行っている。石鎚の秘境の滝への登山道がどんなものなのかは分かっている。雪や氷で滑りやすそうなところを気をつけていけば大丈夫だろう。

2回渡渉して少し歩いたところで引き返す。何故か勘違いで登山道ではない方向に入ったのだ。しかしすぐに気づいたので、最後尾を歩いているyamtoさんやはじめさんは間違えた分岐点にも到着していない。我々の前には先行者が一人いるのだが、いつもの道でぼんやり歩いてその人の足跡を見てなかったようだ。この後は間違えることなく進んで行く。

鞍瀬の頭から北に延びる稜線上にあるピーク。鞍瀬の頭から稜線を縦走してきたらこの岩山を降りなければならない。かなり危なそう。
急斜面をトラバースする登山道にはロープがかけられている。まだアイゼンを着けてない私は慎重に通過。
のぞきの滝


デジカメ時計=10時14分

丸渕に到着。みなさんデジ一を取り出して撮影モードに入る。

デジカメ時計=10時42分

丸渕まではアイゼン無しで来たが、ここからアイゼンを着ける。6本爪の簡易アイゼンだが、これで十分行けると思う。

丸渕を過ぎて上がって行くと西ノ冠岳が見える。
凄い青空!
高瀑の期待が高まる。
(コンデジ撮影)

登山道からほんの少し上がって言わば滝見台とでも呼びたい場所からの高瀑最上部。肉眼で見たときは滝しか見えてなかったのに、写真では手前の葉っぱが邪魔。テレビを見ていると人間の脳は勝手にフィルターをかけると言うが、まさにこの写真がそうだな。肉眼では本当に手前の葉っぱなんか見てないもの。
高瀑に到着。真っ青な空に真っ白の霧氷がきれいだ。


デジカメ時計=11時33分

      続く(同じような写真の連続にうんざりしないで)






inserted by FC2 system