今日はいつものネット仲間と高瀑に行く。ここ数年は8月に高瀑に行くのが恒例行事となってしまった。2月の氷瀑を見に行ったときのメンバーやひろっさんに案内メールを出して最終的にはyamtoさん、まっすーさん、takahamaさん夫婦、そして私と全部で5人だ。これならyamtoさんの車1台で行ける。自分の車では高瀑には行かない!と宣言しているので高瀑専属運転手としてyamtoさんが参加してくれて有難うございます。yamtoさんが参加してくれなかったら高瀑行は実行不可能なのだ。

8時に諏訪神社集合なのでそれに間に合うように出発しコンビニで弁当調達。11号線から横峰寺の標識にしたがって右折し河口のワンコを行き過ぎてから路肩に車を停める。諏訪神社の駐車場はアブがひどく登山靴を履くことが出来ないと思っていたので諏訪神社の手前で登山靴を履いて行くのだ。するとtakahamaさん夫婦の乗った車が通過して行った。

諏訪神社の駐車場には既に今日の参加メンバーが揃っている。車から降りて挨拶したら荷物をyamtoさんの車に移動させる。私は後部座席の左端に乗るがすぐ横にはtakahama奥さんが乗ってきた。悪路の激しい横揺れがあってもクッションとなってくれるので有難い(-_-;)

林道を走ってみたら1年前よりも整備されていると感じた。何をもって整備されている感じたのかと言うと、yamtoさんのタイヤの大きなオフロード4WDでもたまに車の下からゴリッと音がするが、1年前は「ゴン、ゴン」と音がしていたのが今回は「ゴリッ」で済んでいるのだ。しかしこれでも私の車では絶対に走りません!

終点の高瀑休憩舎に到着。先客なし。しかし我々が準備をしていると夫婦の乗った車が1台やってきた。

右の黒い車がyamtoさんの車


デジカメ時計=8時41分
あれっ、こんな警告看板が立っている。2月の遭難を受けて立てられたんだろうな。
最初の渡渉ポイント。ここで右岸から左岸に渡る。
2つめの渡渉ポイント。左岸から右岸に渡る。
あれっ、見たことのない階段が設置されている
石も積まれて登山道が整備されている

この後も登山道を進んでいくとどうもおかしい。いつもの道ではない。実は今日の参加メンバー5人のうち4人は2月の氷瀑を見た帰りに遭難現場に遭遇している。それで滑落するならあそこしか無いと思える場所で形だけでも手を合わせてから通過しようと思っていたのだが、その現場を迂回するように登山道が新設されているようだ。迂回路を進むとロープが張ってあって現場に向かう以前の登山道には入れないようにしていた。

迂回路は距離にしたら長いものではないが、それでも何もないところの土地を削り、石を置き、さらに木の階段を設置するのはかなりの労力が必要だったのでは無いだろうか?あの現場は確かに冬場に通るたびに危ないと思っていたので、迂回路は今後の事故防止には大いに役に立つだろう。迂回路を整備してくれた方、有難うございます。

のぞきの滝を見下ろす場所で小休止


デジカメ時計=9時26分
丸渕到着。大休止。

yamtoさん、まっすーさんは三脚を出して撮影モード


デジカメ時計=9時49分
岩の上に60Dを置いてセルフタイマーで撮影
滝のすぐ横にイワタバコが咲いていたが、非力なズームレンズではこれが精いっぱい

丸渕での大休止が終われば出発。

迂回路が出来たことでアルミの梯子はこの1か所だけとなってしまった
丸渕のすぐ下流で小さな橋を渡って右岸から左岸に渡っていた。今度は丸渕の上流で左岸から右岸に渡る。
天狗の子育て岩と手前はオオマルバノテンニンソウの群生


デジカメ時計=10時30分
高瀑到着


デジカメ時計=10時38分

ここまではコンデジで撮影。60Dに持ち替えてあきれるぐらい同じような写真を撮りまくる。


     続く



inserted by FC2 system